過激な日々。

ここでは、ちっちゃい女「もん」の、過激な毎日を綴っていきます。 毎日考えていることや、思うこと。 時には乱暴になったり、好きな詩を綴ったり。 少しでも心に留まったら、そっと言葉をください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見合い。

このタイトル。
マジなんですよ。
この私が、お見合いなんぞをやったのです。

気になる方は、続きから。

何かのバトンを貰ったわけではなく、実際にお見合いをしたのです。
事の次第は、こんな感じです。

※  ※  ※
 
遡ること、一週間前。
工場で、突然社長から呼び出しが。

改まって呼ばれたので、「ああ、とうとうクビ宣告かな」と軽く覚悟して社長室へ。
ドアを開けると、そわそわした社長が。
何だか様子がおかしい。どうしたんだろう。

「まぁ、すわんな、嬢ちゃん」
「…はい」

訝しがりながら座ると、社長自らお茶を淹れてくれる。
…ますます怪しい。

「お見合い、してみない?」

社長、それはストレートすぎます…( ゚∀゚)アハハ

熱いお茶を、危うく噴霧しそうになるのを堪えて、やっと訊けたのは
「社長、どういうことですか」
という最低限の質問だけ。
聞いてみると、こんな感じでした。

・社長の友人の息子さんが、まだ結婚できずにいる。
・職人として腕は確かなのに、出会いがないため付き合える女性も居ない。
・誰か、女性を紹介してやってくれないか?

…はぁ。
その誰かが、私ですか?
…唐突ですよ、社長。

ちょっと呆れてしまって無言で居ると、それを完全拒否だと感じ取ったのか、社長が畳みかける畳みかける。

「いや、まずは引き受けてくれるだけでいいんだ、交通費とか食事代とかお金の部分は俺が全部持つ何の心配もいらない、そして、断ってくれて構わないんだよ、出会えるきっかけを作るだけで充分だろうから、最終的には、女性と気軽に話せるようにしたいっていう、たっての希望があるみたいで、力を貸して欲しいんだよ」

…社長。
…私には力業が有効だと知っているようですね。
伊達に私との付き合いが1年と9ヶ月じゃないですね。
これじゃあ、私がクビを縦に振るまではごり押ししてくるだろうし…。

仕方ない。
引き受けようか。

「…会ってみるだけなら」
「そうか!行ってくれるか!」

あからさまに喜ぶ社長を見て、内心気分が優れない私。
まあ、社長の顔を立ててあげよう。うん。

ご機嫌の社長から、日程と注意事項を聞いて、当日を迎えます。




…当日。

気分が優れないままの私は、一応社長のアドバイス通り、「一番まともで綺麗な服装」という服で決戦に挑みます。
白のスーツに身を包み、自分が出来る精一杯のメイクをして、相手の方との待ち合わせ場所へ社長と一緒に向かいます。
社長の来るまで待ち合わせ場所まで移動していたんですが、移動の車中で、社長が
「…雰囲気変わったな」
と、私を褒めてくれているのかどうかの微妙発言を連発。
そりゃあ、毎日汚れた作業服着てるから、スーツ姿になれば少しは変わるでしょ。
てか、変わらなかったら女としてかなりショック。

そんな空気の中、待ち合わせ場所に到着。
相手の方は先にいらして待っている様子でしたが、約束の時間まであと1時間以上はあるのに椅子に座って待っていたとは。
侮れないな、この相手は。

で、お見合い開始。
ここから先は意外とつまらないので、省略です。

さて、お見合いが終了して帰りの車中。

「で、どうする嬢ちゃん。受けるか」
「嫌です」

おそらく、社長の質問に即答できたのは、あれが最初で最後でしょう。もう無理。
社長も、
「そうか、分かった」
と言ったきり、終始無言。

そりゃそうでしょ。
いきなり会って、その初日で付き合うとかってありえないでしょ。
お互いに一目惚れでもしない限り。うん。
このお見合い制度、私には疑問が多いです。
他人から勧められて(場合によっては親からも)、そんなすぐに「付き合いたいです」と思うかどうか分からないじゃないですか。

…社長がそれ以上何も言わなかったので、帰りの車中は一転して重い空気。



…。
…だから嫌なんだよなぁ、お見合いって。

まあ、人様のお金で美味しい物が食べられたので、プラスマイナス0っとしておこうかな。

此処を見ている男性陣へ。
お見合いの席で、お互いに同年代と分かった時に、


「ああ、同級生だったんですね」


って、言わない方が良いよ。
何だか知らないけど、かなり怒りを呼び覚ます呪文らしいので。
とりあえず、覚えていてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

あら~お見合いなんてしてたのね。
タイトルみてびっくりしちゃったよ。それから何でか知らんけどあせっちゃったよwww

ま、断ったって事で、一安心(なんで?)しました。確かに知らない人と会って直ぐに付き合うかどうかとか決められないよね。お互いに結婚したくてしょうがないってなら別だけど、もんちゃんはあせる必要なさそうだしね。

それに、もんちゃんにはすでに俺様が・・・なんてねw

ところで、なんで「あ~同級生だったんですね」って台詞が怒りを呼ぶんでしょう?気になるなw

あらあら、お見合いしたんですか。よかったですね。相手の男性は太字の文
 もんさん綺麗だし、羨ましい限りです。


 …なんだかアレですが、うん、お疲れ様です。小生もお見合いにはちょっと疑問を持っている人間なので、もんさんの気持ちは、というか疑問はなんとなしにわかりますよ。

 面倒だし、何故知らぬ男や女と一日で付き合ったり出来るものか、この制度を考えたやつは阿呆なんじゃなかろうかと、小生は思うのです。

 小生的には「同級生だったんですね」と言われた日にゃあ「手前とは同じ学校じゃねぇ!俺の人生にも関わったことねえ癖になぁにを戯けたことを抜かしやがる」と思ってしまいますよ((心が狭い小生)

お見合いですか─。

なんともまだまだ年齢的に関係ないことですね(´∀`)

多分俺は独身貴族になるでしょうが。

にしても
そうかぁ。


お見合いて食事だったりもあるんですよね。


そういうのを抜きにして
一度もんさんと酒を酌み交わしてみたいもんです。
勿論日本酒で。


あ。
正月に八海山買ってみます

楽しみ、、です(笑

もんちゃん

夕べ夜中にふと目覚めて、何気にお邪魔して目が点になりましたよ!!
。。。。相手がどんな方だったか、大方の予想はつきますが、きっと社長さん少しだけ期待していた部分があったのね。
もんちゃんには、ゆったりともんちゃんを見守ってくれて、大きな手の中で遊ばせてくれるような寛大な男性が似合うような気がします。
少し物足りない気がするかもしれないけれど、女の人って愛されていたほうが絶対幸せだと思うから☆

タイトル見てマジびっくりしました(-.-;)

いやー お見合いって嫌ですよね(..)本当に一目惚れでもない限り1日で付き合うとかないですしね(´・ω・)

でも相手の方は一目惚れされたかもですね
もんさんめちゃ綺麗だから(^ω^)w


もし、いつかお見合いすることになったら「同級生だったんですね」って言わないようにします笑

お見合いしたの?

それは・お疲れ様でした~。
社長の顔をたてて・一応はお見合いしたのですから。。。

もんさん・本当に綺麗でかわいいものね~♪
気をつけてよね~。
いろんな意味で~(*>0^*)y))

おっとっと。

こんにちは。
題名を見て衝撃が走り間髪いれずクリック。その瞬間に「しまった、もしや地雷バトンか!?」とよぎってはっとしたんですが、本当だったんですね。
いやびっくりしました。

私的に、お見合いとかいわれると、なんか着物で鹿威しで、無言あり照れ笑いありみたいな超ベッタベタなイメージしかないのですが、衣装はともかく、やはし現実は違うんですね。笑
参考にするときがくるのかわかりませんが、参考になりました。(なにそれ
とにかくご苦労様でした。

「ああ、同級生だったんですね」は、私も怒るかもなぁ…。私も歳相応に見てもらえないので。
あー…あぁ…怒るなぁ、やっぱ…。(考え込む

ルガーさん。

そうなのですよ。
お見合いなんてしていたのです。

…焦っちゃったし一安心って…w
娘のように取り扱ってくれたモノと信じることにしますw

取りあえず無事に終わりましたが、今でも名残の悪さは残りますよ。
気の進まないお見合いなんてのは、やるべきではないですね。うん。

「あ~、同級生だったんですね」
は、私を年下と見ていたようで。同級生だと分かった途端、手のひらを返したような態度に出たため、怒り心頭だった、という落ちです。

…奥さんに、このブログのこめんと、見つからないようにしてくださいね。おろおろ。

こめんと、ありがとうございました。

ぴえーるさん。

そうなのですよ。
このお見合いという制度、とにかく疑問です。
おそらく、昔なら制度としても成り立っていたでしょうね。
この制度でないと、結婚できないと妄信的になっている男女なら。
その制度のおかげで成り立つ美談とかあるくらいだし。

まあ、お疲れ様なのですよ。ありがとうございます。

取りあえず、「同級生」発言は、男性は女性の年齢が判明してから言うべきではない、ということですね。はい。

こめんと、ありがとうございました。

夜葬歌さん。

どうもどうも、忘年会はご参加下さり、ありがとうございました。
おかげで、楽しい忘年会になりましたよ。
うふふ。
新年会も予定していますので、良かったら参加してください。
無理だけはせずに。

独身貴族を通されるようですね。
何処かから運命の出会いを果たすかも知れないし、そうじゃないかも知れない。
私も、それは同じですね。
本来の相手は何処へやら。とほほ。

こめんと、ありがとうございました。

kaffeさん。

忘年会のご参加、ありがとうございます!
おそらく、ログの流れが速すぎて、着いていけなかったってことがあったと思います。
予測できていた筈なのに、何の通告も出来ずにごめんなさいです。

今度やる場合は、その辺も踏まえてお知らせしますので、また懲りずにご参加下さい。

さて、お見合いです。
このお見合い、全てが不愉快でした。
終わってみれば、美味しいモノを食べられたという現実面での結果が残りますが、精神面はそうはいきませんね。
…世の中、いい男はお見合いなんて必要としない、ってところでしょうか。とほほ。

あ、私を包んでくれるいい男がいるでしょうか。
…愛されることに慣れていない小娘なので、多少とまどってしまいますが。
…「娘」。そろそろこの言葉も変えなきゃ。年齢が…。

こめんと、ありがとうございました。

ぷー太さん。

忘年会、遅くまで参加してくれてどうもありがとー♪

嬉しかったよ、リアルタイムでお喋りできて。
すぐに落ちちゃってごめんね。睡魔には勝てなかったよ…。

お見合いは、やっぱりするもんじゃないとは思うです。
でも、社会勉強として一度はしていてもいいかも。
すると、男性を見る目が少しだけ変わるかもね。うふ。

「同級生」は、相手の男性が私の年齢を分かって無くて、知ったときに言ったんだよね。
私のことを年下だと思っていたようで、同級生だと判明した途端、手の平を返したような態度になったので、怒髪天だったわけですよ。

てへ。
…まぁ、色々ありますですよ。

こめんと、ありがとうございました。

akamameさん。 

お久しぶりで御座います。

そうなのです。社長の顔に負けて、お見合いをしたのですよ。
…それが、運の尽きというか何というか…。

顔のことを褒めてくださってありがとうございます。
嬉しいやら照れるやら。
てれてれ。
…でも、色んな意味で気を付けてって…w

はい、先輩からの助言をありがたく頂戴します。

…これからはもう、お見合いなんて無いでしょうしw

こめんと、ありがとうございました。

ikumiさん。

そうなのだよ!
「同級生」って言葉には、微妙にさげすみの意味が入ってるよね?w

…もう、私にとって最上級のけなしだよ、きっと。
多分、二度と彼(お見合い相手)とは会うことはないと思います。
うん。

実際のお見合いは、テレビとかのベタなイメージとは違うよね。やっぱり。
だから、あまり物怖じせずに挑んだ方が良いかも。
チャンスがあれば。
でも、やっぱり女には向かないよ、あれ。
だって、男性からの一方的なモノが殆どだから。

ikumiちゃんには、恋愛でいい人を見つけて貰いたいかな。
えへ。

こめんと、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monmonn.blog70.fc2.com/tb.php/209-1ae06a4d

 | HOME | 

最近の記事+コメント

プロフィール

もん。

Author:もん。
既に体の小ささは私の履歴書として胸を張る状態に。
すったもんだを経て、何とか仕事と住居を見つけることに成功。
地元の母様を守ることも出来て、満足満足。
相変わらず仮面ライダーも大好きで、次回のディケイドってどう?と眉間に皺を寄せる生意気なライダーファンとなりました。
そんなちっちゃい26歳。今年は27ですなぁ。
※プロフィール画像は、フィクションということにさせてください。
 うふふ。

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

来てくれた人々の足跡数。

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。