過激な日々。

ここでは、ちっちゃい女「もん」の、過激な毎日を綴っていきます。 毎日考えていることや、思うこと。 時には乱暴になったり、好きな詩を綴ったり。 少しでも心に留まったら、そっと言葉をください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも僕はやってない。

この映画。
気になっていて、昨日借りてきて観ました。

夜にトボトボとちっちゃい女がレンタル店へ。
好きなDVDを借りてコンビニに。
お菓子と飲み物(注:アルコールではない)を買い込んで、自宅へ。

私がテレビで映画を観るとき、必ず部屋を暗くします。
そして、なるべく部屋の真ん中であぐらをかいて観ます。
そうすると、映画館で映画を観ているような錯覚に陥るからです。

100円ショップで買ってきたクリアの大きめのタッパ(ちっちゃいバケツ?)に買ってきたお菓子を注ぎ込む。
二袋も入れると、いい感じに。
ウーロン茶を小脇に置いて、いざ鑑賞開始。

…この映画、そんな軽々しく観る映画じゃありませんでしたよ。
凄すぎる。
それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る


上が、このDVDのジャケットです。
後から知ったんですが、色んな映画の賞を総舐めにしたようで。
頷けます。

凄いんです。この映画。

始まりは、朝の満員電車内で起きた事件から。
中学生の女の子が痴漢をされ、電車の扉が開いたときに、その痴漢とおぼしき男を捕まえる。
捕まえられた男(主人公)は、身に覚えのない話し。 
駅員も登場し、事態はややこしさを増す。
中学生と男は駅員に連れられ駅員室へ。

連れてこられた男は、これから会社の面接に向かう途中。
大事な面接を控え、向かっている途中での冤罪事件。
まったく身に覚えのない事件で、男は無罪を勝ち取れるのか?
そもそも、この事件で問題にしなければならないのは、いったい何なのか?




…みなさん。
これ、一度は観ておいた方が良いですよ。
凄いです。凄すぎます。
今の日本の裁判制度を、考えざるを得ません。
一度痴漢に間違えられて、警察の手に身柄を渡されてしまったときの現状。
とにかく大変です。
そして、それを取り巻く人間達の思惑が、どうしても正しい方向に向かわせてくれないジレンマ。
ああ。こんな小娘でも、少ない脳味噌を悩ませてしまいました。

お時間とお金に余裕がありましたら、是非一度ご覧下さい。





世の中の男性陣は、一部の不埒な輩(痴漢などのどうしようもない連中)以外の方々は、こういった現実と戦っているのだなぁ…。

この世の中から、冤罪事件が無くなることを願いたいのですが、無理な話でしょうか。
うむむ。




「10人の真犯人を取り逃がしても
1人の無辜を罰してはいけない。」


※無辜(むこ)
《「辜」は罪の意》罪のないこと。また、その人。
スポンサーサイト

コメント

最近 金田一シリーズの

「八つ墓村」
「犬神家の一族」
やらを観てたのですが
そういえば棚の下のあたりにこの映画もあったような気がします。
(関係ない話、八つ墓村よりも犬神家の一族(市川監督)の方が個人的には面白いと思います:)


今度借りてみますかな。


そういえば
パラサイト・イヴも映画化されていたんですね。
知らなかった。

そういえばまだ観てませんでした(・ω・)
おもしろそうですね。本当にやってない人からすれば迷惑な話ですよね。
この間ニュースでもやってないのに男性が捕まって、後から女性が自首して「痴漢にあったのは嘘だった」ってのがありましたよね(・_・;)
ほんとどうしたらいいんでしょう…(´・ω・)


今度借りてみます(^ω^)

DVDをレンタルして焼いたんだけどまだ観てないやw
日本映画はあまり観ないんだけど、これは面白いらしいね
今度気合入れて観ますw

夜葬歌さん。

市川監督の金田一シリーズ。
あれはどれをとっても傑作ですね。
私が個人的に好きなのは、

「病院坂の首くくりの家」です。

金田一耕助の最後の事件としても有名な一遍です。
もしまだ御覧に成られていないのなら、是非。

パラサイトイブはですね、あれは小説の方が面白いです。
映画の方になると、どうしても想像力が映像に勝ってしまうので…。

こめんと、ありがとうございました。

ぷー太さん。

そうなのだよ、ぷーちゃん。
あの、「女性が自首してきて冤罪を証明した男性」事件は、この映画と同じ内容を物語っているのですよ。

痴漢って、女性が「違う」と言わない限り、冤罪であったとしても、それを証明するのはもの凄く難しいのです。
なにしろ、証拠が一つも出てこないのが普通ですから。

女にしてみれば「痴漢が悪いんだ」で終わっちゃうお話だけど、この映画はそれだけじゃないの。
裁判の在り方っていうのが、問題になってくるのさ。

是非、今の内に御覧くださいな。

こめんと、ありがとうございました。

くまさん。

DVDに焼いて保存するなんて、現代人だなぁ。
凄いなぁ。私には出来ない。

…はっ!そんなことではなくて。

邦画や洋画にはあまり拘らない私なので、何でも見ますが、どうしても韓国映画だけは苦手だ。
素晴らしい映画が沢山あるのは分かるのですが…。

あ!ミステリーなお話は幾つか見ましたね。韓国モノ。

冬のソナタとか、ダメだ…。
恋愛モノは洋画でもパス…。
…また脱線した。

こめんと、ありがとうございました。

お久しぶりです!

何か・・・   しばらく覗きに来なかった・・・
あいだに色々な出来事が・・・

体を大事に・・・ 自分のキャパを超えない程度に頑張って下さい! 

又、遊びに来ます! でわ

キックスさん。

お久しぶりです!お元気そうで何よりです。

久しぶりに来ていただいて、ご心配をおかけしたようで恐縮です。
私は至って平気なので、どうかご心配なさらず。
今は自分に合った状態で仕事もしていますので、大丈夫ですよ。
気にかけていただいて、感謝です。
こちらからも、近々遊びに行かせていただきますね。

こめんと、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monmonn.blog70.fc2.com/tb.php/230-346911d9

 | HOME | 

最近の記事+コメント

プロフィール

もん。

Author:もん。
既に体の小ささは私の履歴書として胸を張る状態に。
すったもんだを経て、何とか仕事と住居を見つけることに成功。
地元の母様を守ることも出来て、満足満足。
相変わらず仮面ライダーも大好きで、次回のディケイドってどう?と眉間に皺を寄せる生意気なライダーファンとなりました。
そんなちっちゃい26歳。今年は27ですなぁ。
※プロフィール画像は、フィクションということにさせてください。
 うふふ。

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

来てくれた人々の足跡数。

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。