過激な日々。

ここでは、ちっちゃい女「もん」の、過激な毎日を綴っていきます。 毎日考えていることや、思うこと。 時には乱暴になったり、好きな詩を綴ったり。 少しでも心に留まったら、そっと言葉をください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この映画は凄い。

これは凄いですよ。

久しぶりに、心を大きく揺さぶられる映画を観ました。
以前に「それでも僕はやってない」を紹介しましたが、あれとは別の観点での凄さ。
あっちが社会派の内容なら、これは完全娯楽の超大作。

これです。

グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST)
(2008/02/08)
ソン・ガンホ、ピョン・ヒョボン 他

商品詳細を見る


役者さんは、おそらく日本ではあまり知名度のない人です。
私が知らないだけかもしれませんが…。

でもでも。
この映画の凄さは、それじゃないんです。

気になる方は、続きからどうぞ。

まず。

リアル。

ストーリーのリアルさもそうなんですが、主人公の環境や、脇を固める人物達の像も、とにかくリアル。
個性的な内容なのに、実際にあってもおかしくない人たち。
そして、生活感。
全てがリアルなんです。

この「グエムル」は、パッケージ写真を見て貰うとなんとなく想像付くと思いますが、「モンスターパニック映画」です。
でも、これまでの「モンスターパニック映画」の常識を覆す演出が、所々に散りばめられて居るんですよ。
細かく書くとネタバレになるので省きますが、これだけは言っても支障なさそうなので言います。



開始からの15分が勝負です。

最後まで見終わると分かるんですが、これは凄い映画ですよ。
韓国映画の枠として観ちゃうと、良い意味で裏切られます。
今の日本では、これだけの映画は創れません。是非、御覧になって下さい。

二回も観ちゃった。
てへ。
スポンサーサイト

コメント

この映画は俺も気になってて、DVDが出たら速攻レンタルしましたw
この監督は独特なアングルを時折見せますよね
特にヒロインの葬式のシーンなんかは「ん?」と思わせるアングルから撮影してたりw

グエムルが好きならミミックをお勧めします
結構古い映画になってしまいましたが俺は好きですよ
Ⅲ迄リリースされてます
アレだったら焼いてあるので送りますよ♪

くまさん。

これは凄いよ。本当に。
開始15分の登場シーンが、衝撃的だった。
だって、今までのモンスターホラーって、
「まだ出さないぞ、そろそろ出るぞ、ちょっとだけ出すぞ、…ほら、登場!」
って感じで、なかなか見せないところに怖さを置いてたでしょ?
でもこれ、常識を覆したよね?

面白かったー。

あ!ミミックはね、確か「1」を借りてみて、続きは観てないな。
人に擬態して…ってやつね。
続きがあるなら探してみようかな。
楽しみ楽しみ。

送るのは勘弁ねw

こめんと、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monmonn.blog70.fc2.com/tb.php/240-3b7ac8b9

 | HOME | 

最近の記事+コメント

プロフィール

もん。

Author:もん。
既に体の小ささは私の履歴書として胸を張る状態に。
すったもんだを経て、何とか仕事と住居を見つけることに成功。
地元の母様を守ることも出来て、満足満足。
相変わらず仮面ライダーも大好きで、次回のディケイドってどう?と眉間に皺を寄せる生意気なライダーファンとなりました。
そんなちっちゃい26歳。今年は27ですなぁ。
※プロフィール画像は、フィクションということにさせてください。
 うふふ。

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

来てくれた人々の足跡数。

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。